カルビの代わりに、カニかま♪庶民的な盛岡冷麺の作り方!

盛岡三大麺の中で、圧倒的な人気を誇る冷麺。「焼き肉には冷麺もセットじゃなきゃイヤ」という人もきっと多いですよね!?そんな盛岡冷麺の庶民的な作り方をご紹介します。トッピングを違うものにするだけで、印象がガラリと変わって冷麺を何倍も楽しめるんです。トッピングの王道は、カルビやチャーシューですが、今回は庶民的に「カニかま」にしてみました♪

盛岡市民なじみの味「戸田久:もりおか冷麺」です!

盛岡のスーパーでは定番の商品。お母さんが作ってくれる家庭の冷麺はこれという地元の人も多いんです。何と言っても、手軽に家族全員分が作れるのが嬉しいことろです!子供や辛いのが苦手な人でも食べられるように、辛み(キムチの素)とスープが別になってるんです。辛さを好みに合わせて調整できるところが長年愛されている理由です♪

IMG_0624小さい頃からなじみの戸田久パッケージ
IMG_0631中身は「麺」と「スープ」と「キムチの素」だけ
IMG_0682トッピングは、カルビの代わりにカニかま♪

庶民的な盛岡冷麺の材料(1人前)はこれ!

  • 戸田久の盛岡冷麺(中身:麺・スープ・キムチの素)
  • 半熟たまご
  • ズッキーニ(きゅうりなどが一般的ですが、夏なので)
  • カニかま
  • キムチ
  • 水(180cc)
  • ごま油(大さじ1)
  • 塩コショウ(少々)

とろ〜り半熟ゆでたまごは、欠かせない存在♪

冷麺に、半熟たまごは必須。
黄味を麺にからめて食べるとさらに美味しくなるんです。半熟たまごを作るのが苦手な方は、こちらの記事もみてみて下さいね。

なんと、成功率100%の冷麺用半熟たまごの作り方です!

盛岡冷麺に欠かせない!100%成功するとろ〜り半熟たまごの作り方をマスターしました♪

庶民派の盛岡冷麺を作りましょう!

  1. 半熟ゆでたまごを作ります。具体的な作り方は、こちらの記事
  2. ごま油をフライパンにしき、ズッキーニを塩コショウで味付けしながら中火〜強火で表面に軽く焦げ目がつくまでいためます
  3. 鍋でお湯を沸騰させた後、麺をほぐしながら入れます
  4. 2分間麺をゆでます
  5. 麺をざるにうつし、冷水でよく洗ってから、水をきってお皿に盛りつけます
  6. スープを水(180cc)でうすめ、お好みで「キムチの素」を入れてから、お皿にスープをそそぎます
  7. トッピングの半熟たまご・ズッキーニ・カニかま・キムチ(お好み)をもりつけて完成です

麺をゆでた直後は、ヌルヌルになっているので冷水でしっかり素早く洗うのがポイントです。キムチの素は、辛いものが苦手でなければ全部入れて大丈夫です。はじめて食べる場合は、少し味見してキムチの素をどれくらい入れるか決めるのが良いですよ〜

お手軽!庶民的な盛岡冷麺が完成♪

 

img_0694

トッピングを変えるだけで、何度でも楽しめるのが冷麺の魅力。コシのある麺とピリ辛のスープ、そして半熟たまごの黄身をからめていただく冷麺は絶品です!かにカマにスープが染みこんで、いい感じになりました♪

 

ABOUTこの記事をかいた人

プロフィール情報プロフィール情報プロフィール情報プロフィール情報プロフィール情報プロフィール情報プロフィール情報プロフィール情報プロフィール情報プロフィール情報プロフィール情報プロフィール情報プロフィール情報