【成功率100%】卵10個以上試しましたよ!猫でもできる、とろ〜り半熟たまごの作り方♪

猫がキッチン

盛岡冷麺に欠かせない、半熟たまご♪
白身は「ぷるん」としていて、割ると黄身が「とろ〜り」という状態が冷麺に一番相性が良いんです。なかなか、半熟たまごを思い通りに作るのは難しいですよね!?早過ぎると半熟どころかほとんど生だったり、ゆで過ぎると普通の完熟ゆでたまごになってしまったりと…加減に苦労した経験は誰しも1度はあるはず。

そこで、今回は100%成功するとろ〜り半熟たまごのレシピをお知らせします!しかも、冷麺に一番合う半熟具合をあれやこれやと試してみました!!!ぜひぜひ、作ってみてください〜

半熟たまご成功の秘訣は、たった2つ!

  • たまご(1〜4個)←冷蔵庫からは、ゆでる直前に取り出します
  • 水(100cc)

まず、同時に作るたまごの数は、1〜4個。

これ以上多い数では検証していないので、どのような結果になるかわかりません><
ただ、1〜4個のたまごであれば、100%半熟たまごを作ることができますよ!次のポイントは、たまごはゆでる直前に冷蔵庫から取り出すです。これは、安定して同じものを作るために、同じ条件をキープする必要があるからです。

準備のポイント

  1. 一度に作る半熟たまごの数は、1〜4個の範囲内で
  2. たまごは、ゆでる直前に冷蔵庫から取り出す
  3. 水は、たまごの個数(1〜4個)にかかわらず、ぴったり100cc

100%成功する半熟たまごの作り方

  1. 100ccの水を鍋で沸騰させます
  2. その間に、冷蔵庫からたまごを取り出して、丸い方にごく小さな穴をあけます
  3. 沸騰したら、火を止めます
  4. たまごを鍋に入れて、蓋をします
  5. 蓋をしたら、中火で「6分30秒」ゆでます
  6. 6分30秒後に、鍋をコンロから取り出して水でたまごを「1分間」冷やします
  7. 1分間冷やした後に、水の中で殻をむきます

2のたまごに小さな穴をあけておくのは、殻をむきやすくするためです。
市販されている「ゆでたまご用の穴あけ器」があればそちらでOKです。持っていないので、包丁の角で優しくツンツンして穴を開けましたが…!穴が多き過ぎると、ゆでるときに白身が飛び出してしまうので、穴が開いているか開いていなか微妙なくらいが良いです!穴あけ器があれば、失敗なしで重宝すると思いました。数百円なので、

次に、成功へのポイントは綿密な時間管理。
中火で「6分30秒」、水で「1分間」冷やす。この時間さえきっちり守れば、とろ〜り半熟たまごを確実に食べることができますよ♪

半熟たまご作りのポイント

  • たまご(丸い方)に小さな穴をあけ、殻をむきやすくしてからゆでる
  • ゆでる時間は、中火で「6分30秒」ピッタリ
  • 水で冷やす時間は、「1分間」ピッタリ
  • 水の中で殻をむ

7分ゆでた場合の半熟たまご!黄身のとろ〜り具合が少し硬い…

 

7-1
7-2
7-3

半熟たまごには、違いありませんが、黄身が少し硬い印象でした!盛岡冷麺にトッピングする半熟たまごはもう少しとろ〜りした方が、麺とからんで美味しいんです!7分では、盛岡冷麺のトッピングとしてはゆで過ぎですね〜

6分30秒で決定!盛岡冷麺にぴったりのとろ〜り半熟たまごに♪

 

630-1

このレシピを使えば、盛岡冷麺をもっと美味しく彩ってくれるとろ〜り半熟たまごが作れますよ!「100ccの水」と「6分30秒」これだけ覚えていれば作れます!ぜひ、盛岡冷麺とからめて食べてみてください♪

このレシピはこのサイトの情報を参考にしました!

参考サイト:ココロ社
宗派が乱立する半熟ゆで卵の製法を統一。簡単&短時間&失敗なく半熟卵を作る方法と、ゆで時間と仕上がりの比較写真

 

今回、冷麺用の半熟たまごのレシピをマスターする上で、ココロ社さんの情報は非常にありがたかったです!5〜9分までゆでた場合の写真があり、目安として参考にさせて頂きました。おかげで、盛岡冷麺に最適なゆで時間を短時間で割り出すことができました。ありがとうございます♪

 

ニワトリのシルエットがかわいい♪象印温泉たまご器

最後に奥の手をご紹介しますね。
半熟たまごは食べたいけど、時間を計ったりいろいろ面倒な方。そして、何度やっても成功しない方。

象印の温泉たまご器がかわいいんです♪よく見るとニワトリのシルエット。とってが、トサカの赤が素敵です。

  • 固ゆで
  • 半熟
  • 温泉

この3モードあるようです。
ニワトリに癒やされながら、お好みのたまごが簡単に食べられますね♪

これは、便利!電子レンジで簡単に作れるらしいです。

半熟たまごは、作る以外になかなか手にはいらないので、
ぜひ作り方マスターしたいですね。

ABOUTこの記事をかいた人

プロフィール情報プロフィール情報プロフィール情報プロフィール情報プロフィール情報プロフィール情報プロフィール情報プロフィール情報プロフィール情報プロフィール情報プロフィール情報プロフィール情報プロフィール情報