【職場・職業別】ネイルデザインのNGラインをチェック!

仕事中もかわいいネイルを楽しみたいけれど、職場や職業によってはネイルがNGというケースもめずらしくありません。どんなネイルなら怒られないのか?OK・NGラインをチェックしておきましょう。

【職業別】怒られないOKネイルとNGライン

職業によってネイルのOKラインとNGは異なります。大まかなラインですが、参考にしてみてください。

ファッション系はおしゃれネイルもOK!

アパレルなどのファッションを扱う職業では、少し大胆なネイルデザインもおおよそ認められています。
他にも美容室やメディアなど、ファッション性を重視した業種であればトレンドネイルが好まれることもあるでしょう。

意外に派手ネイルOKな製造業

製造業はネイル少し派手なネイルでも、NGが出ないことも多々あります。
接客がないこと、作業中は手袋を使用するため見えないことから、NGにならない職場もあるようです。

事務職はネイルOK?

事務職は華美になり過ぎなければ、ネイルOKの職場が多いようす。ストーンを付ける、長さを出すといったデザインが認められていることも。
ただし総務や人事など、社内および社外の方と対面する機会が多い場合には、「控えめなデザインならOK」という暗黙のルールが存在しているところもあります。

サービス業はネイルNG!

飲食業界や医療・介護業界は、ネイル自体が好まれない傾向に。衛生面を重視する職業は、シンプルなネイルでもNGかもしれません。
直接施術をする立場でない医療事務なども、派手なネイルデザインがNGになることもあります。

職場によってネイルのOK・NGラインは違う!?

ネイルがどこまでOKかが職業で判別できない場合には、職場の雰囲気を確かめてみた方がいいでしょう。
例えば同じアパレルでも、扱うブランドや客層によってネイルデザインも異なるはず。お堅い会社だからNGと思いきや、意外にもラメが目立つアートネイルを楽しんでいるというケースもあります。
不明な場合には、目立たないピンクやベージュのワンカラーネイルで様子を見て、他社員の反応をチェックしてみましょう。
ファッション性の高い職業以外では、基本的に悪目立ちしない程度に留めておくのがベターかもしれません。

職業別ネイルデザインのNGラインまとめ

職場・職業別でネイルのOKとNGを判定するのは難しいものですが、気になる方は職場の先輩に聞いてみるのもおすすめです。
または仕事とプライベートを区別して、ネイルチェンジを楽しむのも一つの手。職場では怒られない範囲で、ネイルを楽しんでくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA