(あやうく大損)2021年に楽天モバイル契約して1年間(40,812円)浮いた嬉しい話。

楽天モバイルを2021年真っ先に契約

・プラン料金 0円※1年間 (2,980円)
・データ使い放題
楽天回線エリア データ使い放題
速度制限なし
パートナー回線 データ使い放題
0〜5GBまで → 速度制限なし
5GB超の場合→ 速度制限あり
※最大1Mbps
・国内通話 0円※専用アプリ(Rakuten Link)利用時
・契約事務手数料 0円
・解約手数料 0円
いわゆる、解約縛りもなし。いつでもやめられる。
・特典:誰でも5,000ポイント還元(常時開催)
※条件①Rakuten Linkを使った発信で10秒以上の通話
②Rakuten Linkを使ったメッセージ送信1回以上
・特典:誰でも5,000ポイント還元(常時開催)
・特典:紹介コードを使うとさらに1000ポイント
※紹介者には、1500ポイント(5回線まで)

Point:自宅や職場、学校など
メインで過ごす場所が、楽天エリア圏内ならば、
楽天モバイルに変更する価値あり。

Point:楽天回線エリアは、どんどん広がっている。
東京、名古屋、大阪が主おも思っていたが、
2021年春の開通計画も含めると、かなりの
カバー率になる。

懸 念:楽天はプラチナバンドを持っていないので、
結局、docomoなどのキャリアに比べたら遅い
のでは?

***

結局、楽天モバイルっていいの?

結 論:
楽天モバイルの価値は、『圧倒的価格の安さ』

①楽天回線エリアなら、それなりに
快適な通信環境は手に入る可能性があり
②5,000ポイント還元の大きなメリット
③満足できなければ、縛りなく解約できる安心感

(例外)
・通信速度に、とてもこだわる
・光回線や家族割などのセット割引を現在利用

上記の例外を除けば、
楽天モバイルはかなり魅力的なサービス。
※パートナー回線圏外ってことあるの?
パートナー回線エリアとはどこか?

楽天モバイル公式HP

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA