サステイナブルな生活は、オシャレも呼び込む。”家族の温もりを閉じ込める魔法の瓶”とは?

持続可能(サステイナブル)な暮らしは難しい?

サステイナブルな生活は、あなたが行動するだけで手には入る。
ほとんどの人は、完璧にしたいと思い、
その負担の重さに負け、1つも変えることができません。

やれることからやろう!
完璧を目指さない人は、まず1つ変えるアクションを起こします。
圧倒的にはやく、その生活に”こと”にふれる。

SDGsに掲げられているさまざまな目標を、
全てを、急に実現するのは困難です。
できることから、まず始めるという気持ちが大切なのかもしれませんね。

未来に、紡いだモノをつなぐたいめに。

“お母さんが淹れてくれたような、温かなお茶が飲みたい。”

家業の失敗で、大変な少年時代を過ごしたタイガー魔法瓶の創業者 菊池武範氏。その時、抱いたさまざまな感情や想いを起源に、約100年にわたり磨き続けられてきた「真空断熱技技術」は、誰でも知っているタイガー魔法瓶のベースになっている技術です。国際宇宙ステーションの実験サンプル回収に採用されるほど、信頼性が高まっている。
タイガーが見ている先にあるものは、
”温かいお茶・冷たい水で「世界中に幸せな団らんを広める」ビジョン、真空断熱技術で「社会・環境・人権・健康に貢献する」”
そのために、1923年に虎印魔法瓶の販売製造を開始し、2021年の今も研鑽を積みかさねているそうです。
未来に、紡いだモノをつなぐたいめに。

TIGERが世界に問う。サステイナブルの1つのタカチ

未来を水筒につめた Hydrate with care ”TIGER BOTTLE”

画像引用元:タイガー公式HP
未来を水筒につめてより
https://www.tigerbottles.com/

サステイナブルは、我慢を強いるもの。
そう考える人が少なくありません。、この水筒は、”縛るを解放し、自由にしたい”という新しい提案に驚いた。
デザインを選べる、色を選べる、サイズを選べる。
カラーバリエーションも多く、シンプルながら個性を楽しむことができます。
サイズも3パータンが用意され、配慮が伺える。

画像引用元:タイガー公式HP
オンラインショップよりhttps://www.tigerbottles.com/pages/custom-bottles

・私は荷物が多いから「350ml」かな〜
・オレは、電車移動がメインだから「500ml」にしよう!
・わたしは、車に出勤するから一番大きい「600ml」の一択♪

選ぶ楽しさが、嬉しい。
水筒に未来をつめて、お出かけしてみてはいかがでしょうか?

未来の水筒は、こちら



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA